灰本クリニック

症例2「発見後速やかに手術となった症例1」

患者背景:60才代 男性 毎年検診で来院する患者さん

発見のきっかけ:市の肺癌検診の胸部レントゲンで右肺に異常を認め、自覚症状は特にありませんでした。
胸部レントゲンの所見:右の写真のように、右肺の真ん中の○で囲んだ位置に、肋骨と重なって非常に淡い影が写っていました。

解説:胸部レントゲンに写る影にはさまざまなものがありますが、特に淡く小さな影は肋骨やその他の骨に重なると見えにくく、見落としやすいので慎重に見る必要があります。

chestXP1.jpg


胸部CTの所見と病変の特徴:レントゲンと同じ位置に長径13mmの病変が見つかりました。CT画像下図1-1の拡大写真(図1-2)で見ると、イメージ図のオナモミのように表面を無数の小さなトゲが覆っているように見えます。さらに病変はかなり濃く、別の肺癌患者さん(下図2)のスリガラス状の淡い病変と比べると全く違うことがわかります。これらの所見から癌を強く疑いました。もう少し大きくなると転移の危険があるため、すぐに外科手術が必要と判断しA総合病院呼吸器外科へ紹介し、専門医も同じ見解で手術となりました。

手術結果:ステージⅠA1の肺癌(腺癌)

解説:下図2の様な淡いスリガラス状の病変は進行が比較的ゆっくりで経過観察ができますが、濃い病変では進行が早いため、この患者さんの様な病変を見つけたら速やかに専門医へ紹介します。

chestCT 1.jpg
 


  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 糖尿病内科
  • 呼吸器内科

灰本クリニック

〒486-0838
愛知県春日井市弥生町1丁目80番

(0568)85-0567

受付時間

休診日日曜・祝日/第2土曜/水・土午後

受診のご案内